一重まぶたを解消する

カウンセリング

理想のまぶたを手に入れる

日本人は一重まぶたが多く、コンプレックスに抱えている方が少なくありません。怒っているように見られてしまう、目が小さく見えるなどのデメリットがあるため、美容整形の二重施術が人気となっています。口コミで人気の方法には切開法があり、ずっと二重が継続するのがメリットです。皮膚を切開するので確実なる効果があり、余分な脂肪を除去して縫い合わせることで形成します。腫れやむくみ・内出血などの副作用はありますが、これは手術全般に言えることです。時間の経過とともに解消していくので心配はなく、1〜2週間もすれば副作用は収まっていくでしょう。埋没法は気軽に受けられるプチ整形として人気で、理想の二重まぶたに気軽に変えられます。二重と言ってもさまざまな種類があるので、事前にどのような形状を目指しているのか明確にしておきましょう。芸能人やモデルの写真を参考にするのもおすすめで、イメージを明確にすることで失敗を防げます。埋没法は10〜15分程度で終了する施術で、メスを使用しないので気楽という口コミが多いです。二重整形をしたいと決めたら、クリニックの口コミや評判を確認してみましょう。美容整形施術の中でも二重施術の実績が豊富にあるクリニックを選択する必要があります。申し込みは公式サイトの予約ページまたは電話により行うのが普通で、ここでカウンセリングの日程を調整していきます。カウンセリングはなるべく時間をかけてくれるクリニックが好ましく、カウンセリングでのシミュレーションがそのまま仕上がりに反映されるからです。よいクリニックは施術のリスクも明確に教えてくれるもので、逆にメリットしか話さないクリニックは不安があります。施術の時間は切開法で1時間くらい、埋没法で10〜15分くらいとなります。いずれの方法も麻酔を使用するので痛みはほとんどありません。埋没法はプチ整形と言われるだけあり、エステ感覚で受けられると口コミで人気です。糸を外すことで元通りにすることが可能ですし、ライン変更もできるので気分次第で変えられるのもメリットです。切開法はひとたびラインを変えてしまうと、元に戻すことはできないので注意してください。